2015年12月3日木曜日

20151202

公開前から楽しみにしていた映画『FOUJITA』を、やっと観た。

寝てる人はいっぱいいたけど、私にはとても、おもしろかった。

何が、と問われたら、うまく答えられない。
でも、好き。

美しいものが、たくさんたくさんつまっていた。

映像も、人たちも、言葉も、音楽も、衣装の柄も、そして何より映画の中のフジタの人生そのものが、とてもとても美しかった。

常に美しく、バカバカしくあろうとする人の生き方の、美しさ。

実際のフジタもきっととてつもなく魅力的だったのだろうけれど、オダギリジョーさんのフジタみたいな人が存在したら、あんまりにも素敵すぎて、わたしがあの時代のフランスの女の人だったら気絶するかもしれない。


そのあと、雨の中、閉じこめられたみたいな静かなお店で、大好きな友だちと月一恒例ご飯を食べた。

彼女は、HIMIKAの新作でもあるSakihaiを作る決心をさせてくれた人であり、オーダー第一号の人でもある。

やっと渡せたSakihaiのネックレスと、お誕生日プレゼントに作ったハーキマーダイヤモンドのピアスが、あんまり嬉しくてご飯が喉を通らないよって笑う彼女の耳元と首元でキラキラしてて、とっても美しかった。


そして彼女は私に、沖縄で選んできた琉球グラスをプレゼントしてくれた。

見つけた瞬間、ピッタリだ!と思ったんだよ、という水の粒を閉じこめたグラスは、まるで透明の星空みたいで、藍色の布の上においてみたら、すっかり宇宙になって、夢のように美しかった。



今日はとても、美しいばかりの一日で、わたしはとても、しあわせだった。



0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。