2014年5月20日火曜日

20140520

3年前、たった4日間の滞在で好きなことだけをして生きていく決心がついたシャスタの旅と同じくらい、あるいはあの時よりずっと自分が整理されている分さらに大きな変化とご褒美をくれた壱岐の旅。

大きなことも些細なことも、すべてが偶然を装っているようでタイミングも何もかもきちんと決まっているのだと半ば呆れてしまうくらいよくできている日々の機微。

なんとまぁ、すごいものに辿り着いてしまったのだろう。


福岡に戻って、友達とバイバイ。
最後にお茶した素敵な喫茶店の窓から、天使の梯子が見えた。





















明日からはひとり旅。
一日だけ市内に留まるけど、その後の行き先はさっき決まった。

今回の旅先はぜんぶ、大好きな人たちが背中を押してくれた場所になってる。

一緒には来られなかったけど、どこか一緒に旅をしているような、そんな気分。
だからかな。ひとりでいても、なんとなく、あたたかい。




0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。